非小細胞肺がん

プレスリリース

テセントリク単剤による一次治療は、化学療法と比較し、 特定の進行非小細胞肺がん患者さんの生存期間を延長

2019-10-08
中外製薬

【ポイント】
・第 III 相臨床試験である IMpower110 試験は、PD-L1 高発現の進行非小細胞肺がん患者さんで、テセントリク単剤は化学療法単独と比較して、生存期間の延長を示した
・ロシュ社は本成績を米国食品医薬品局(FDA)や欧州医薬品庁(EMA)など世界各国の規制当局に提出予定