乳腺

プレスリリース

早期TNBCの術前療法におけるペムブロリズマブ+化学療法でpCR改善:第Ⅲ相KEYNOTE-522中間解析

2019-10-08
MSD

  Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(米国とカナダ以外ではMSD)は2019年9月29日、抗PD-1抗体KEYTRUDA®(一般名:ペムブロリズマブ)について、早期のトリプルネガティブ乳がん(TNBC)患者における術前・術後薬物療法を評価する第3相KEYNOTE-522試験の結果を発表しました。この試験では、術前薬物療法としてKEYTRUDA®と化学療法の併用投与および術後薬物療法としてKEYTRUDA®単独療法を行うグループ(KEYTRUDA®群)と、術前薬物療法として化学療法の単独投与および術後薬物療法としてプラセボ投与を行うグループ(化学療法+プラセボ群)とを比較しました。今回の発表内容はTNBCに対する術前・術後薬物療法としての抗PD-1抗体を評価した初めての無作為化試験から得られた中間解析結果であり、2019年欧州臨床腫瘍学会(ESMO)のプレジデンシャルシンポジウムで発表されました(アブストラクト #LBA8)。