乳腺

大腸がん

プレスリリース

ヒト大腸がんの「がん幹細胞」制御因子としてマイクロRNA miR-221を同定 乳がんと大腸がんに共通するがん幹細胞制御機構の解明

2019-10-08
藤田医科大学

 藤田医科大学の下野洋平教授、米国コロンビア大学の向山順子博士、Piero Dalerba博士、神戸大学の鈴木聡教授、南博信教授、掛地吉弘教授、九州大学の三森功士教授の研究グループは、手術検体から直接分離した「がん幹細胞」を解析することで、マイクロRNA miR-221がヒト大腸がんの新規「がん幹細胞」制御因子であることを解明しました。
本研究の成果は、2019年10月2日に国際学術誌「Cancer Research」(オンライン版)に掲載されました。