非小細胞肺がん

免疫療法

プレスリリース

進行NSCLC初回治療におけるニボルマブ+低用量イピリムマブ+化学療法、第Ⅲ相CheckMate-9LAでOS延長

2019-10-23
ブリストル·マイヤーズ スクイブ

 ブリストル・マイヤーズ スクイブ社は10月22日、進行非小細胞肺がん(NSCLC)の一次治療において、ニボルマブ+低用量イピリムマブに化学療法2サイクルを追加した併用療法の有効性および安全性を、化学療法との比較により検証した第Ⅲ相ランダム化比較試験CheckMate -9LAの中間解析の結果から、主要評価項目である全生存期間(OS)を達成したことを発表した。
 今後、同社は同試験のデータの全評価を完了させ、これらの結果を今後の学会で発表するとともに、そのデータを規制当局に提出する意向だという。