骨髄腫

論文紹介

くすぶり型多発性骨髄腫、レナリドミドによる早期介入でPFSが有意に延長【JCO】

2019-10-28
Journal of Clinical Oncology

Randomized Trial of Lenalidomide Versus Observation in Smoldering Multiple Myeloma

J Clin Oncol 2019年10月25日オンライン版

 現在、くすぶり型多発性骨髄腫(SMM)に対する標準治療は経過観察である。本ランダム化比較試験では、「レナリドミドによる早期介入はSMMの多発性骨髄腫への進行を遅らせる」との仮説が検証された。
 対象は中等度または高度リスクのSMM患者182例。レナリドミドを投与(1サイクル:25mg/日を21日間連日経口投与、その後7日間休薬)する群(レナリドミド群、92例)、経過観察のみを行う群(観察群、90例)にランダムに割り付けた。主要評価項目は、多発性骨髄腫に起因する末期臓器障害と生化学的増悪を指標とした無増悪生存期間(PFS)。追跡期間(中央値)は35カ月であった。
 その結果、PFS(中央値)は観察群に比べてレナリドミド群で有意に延長した(HR 0.28、95%CI 0.12~0.62、P=0.002)。治療開始から1年後、2年後、3年後のPFS率は、レナリドミド群でそれぞれ98%、93%、91%、観察群でそれぞれ89%、76%、66%であった。死亡は、レナリドミド群2例、観察群4例であった(HR 0.46、95%CI 0.08~2.53)。グレード3または4の非造血系有害事象は、レナリドミド群の25例(28%)に発生した。