その他

論文紹介

独自取材

第4回 :新型タバコ問題から見える歪んだ社会の力学

2019-11-08
Medical Tribune ウェブ

大阪国際がんセンターがん対策センター疫学統計部副部長 田淵 貴大

 今回は、米国の電子タバコによる急性肺障害への対応を通じて、タバコ問題との向き合い方を考察してみたい。私は、この問題は診療科を問わず、全医療者の日々の診療に関係していると考えている。今年(2019年)9月に報道され始めた米国における電子タバコ使用に関連した急性肺障害の症例数・死亡者数の増加が止まらない。もう少し正確にいうと、過去のカルテなどの医療情報から、電子タバコの使用歴がある人で呼吸器症状や呼吸器疾患による入院や死亡が次々と発見されているのである。10月8日時点で入院患者は1,299例、17歳の若者を含む26例の死亡が報告されている。