大腸がん

免疫療法

論文紹介

治療抵抗性MSI-H/dMMR転移性大腸がん、ペムブロリズマブ単独投与の奏効率は33%:KEYNOTE-164【JCO】

2019-11-15
Journal of Clinical Oncology

Phase II Open-Label Study of Pembrolizumab in Treatment-Refractory, Microsatellite Instability–High/Mismatch Repair–Deficient Metastatic Colorectal Cancer: KEYNOTE-164

J Clin Oncol 2019年11月14日オンライン版

 KEYNOTE-164は治療抵抗性の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)/ミスマッチ修復機構欠損(dMMR)転移性大腸がん患者124例〔フッ化ピリミジン系薬、オキサリプラチン、イリノテカンによる治療歴が2ライン以上の群(コホートA:61例)、1ライン以上の群(コホートB:63例)〕を対象にペムブロリズマブ単剤投与の有効性と安全性を検討する第II相非盲検試験。結果は以下の通りであった。

■追跡期間中央値
 A:31.3カ月(0.2〜35.6カ月)、B:24.2カ月(0.1〜27.1カ月)
■奏効率
 A:33%(95%CI 21〜46%)、B:33%(95%CI 22〜46%)
■奏効期間
 いずれも未到達
■PFS中央値
 A:2.3カ月(95%CI 2.1〜8.1カ月)、B:4.1カ月(95%CI 2.1〜18.9カ月)
■OS中央値
 A:31.4カ月(95%CI 21.4カ月〜未到達)、B:未到達(95%CI 19.2カ月〜未到達)
■グレード3〜4の有害事象
 A:10例(16%)、B:8例(13%)
■主な有害事象
 膵炎、倦怠感、ALT増加、リパーゼ増加(それぞれ2例、いずれもコホートA)