非小細胞肺がん

免疫療法

論文紹介

ペムブロリズマブの上乗せで扁平上皮NSCLCのQOLが改善:KEYNOTE-407【JCO】

2019-11-22
Journal of Clinical Oncology

Health-Related Quality of Life With Carboplatin-Paclitaxel or nab-Paclitaxel With or Without Pembrolizumab in Patients With Metastatic Squamous Non–Small-Cell Lung Cancer

J Clin Oncol 2019年11月21日オンライン版

 第Ⅲ相試験KEYNOTE-407において、未治療の転移性扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)に対する化学療法(カルボプラチン+パクリタキセルもしくはnab-パクリタキセル)とペムブロリズマブの併用により、化学療法単独と比べてOSおよびPFSを有意に延長したことが報告されている( N Engl J Med 2018; 379: 2040-2051)。本報告は患者アウトカムについての報告。全般的QOLスコア(QLQ-C30 GHS/QOL)は化学療法単独群と比べてペムブロリズマブ併用群で有意に良好であった。

■9週時
併用群の全般的QOLスコア:1.8(95%CI -0.9〜4.4)
化学療法群の全般的QOLスコア:-1.8(95%CI -4.4〜0.7)
全般的QOLスコアの差:3.6(95%CI 0.3〜6.9)、P =0.0337

■18週時
併用群の全般的QOLスコア:4.3(95%CI 1.7〜6.9)
化学療法群の全般的QOLスコア:-0.57(95%CI -3.3〜2.2)
全般的QOLスコアの差:4.9(1.4〜8.3)、P=0.0060