非小細胞肺がん

プレスリリース

未治療のALK陽性NSCLCへのbrigatinib、病勢進行・死亡リスクを57%、脳転移を有する患者では76%低下【ESMO Asia 2019】

2019-11-25
武田薬品工業

ALK陽性非小細胞肺がんに対するフロントライン治療としてのALUNBRIG®(一般名:brigatinib)の優位性に関する2年間の追跡データについて:第Ⅲ相試験ALTA-1Lのアップデート

【ポイント】
・ALUNBRIGは、クリゾチニブと比較して、脳転移を有する患者では病状進行または死亡リスクを76%、全患者では57%低下
・ALUNBRIG群では、無増悪生存期間中央値がクリゾチニブ群の3倍