乳腺

論文紹介

極めて高濃度乳房の患者に対するマンモグラフィ検診にMRI追加で中間期がんが減少【NEJM】

2019-11-28
NEJM

Supplemental MRI Screening for Women with Extremely Dense Breast Tissue

N Engl J Med 2019; 381: 2091-2102

 きわめて高濃度な乳房(dense breast)は乳がんの高リスク因子であり、マンモグラフィでのがん検出能を低下させる可能性がある。そこでMRIを追加で用いて乳がん早期発見と中間期がんを減少させることができるかを検討したランダム化比較試験がオランダで行われた。
 対象はマンモグラフィで 極めて高濃度な乳房または通常との診断結果が出た50~75歳の女性4万,373例で、1:4の割合(8,061例:3万2,312例)で追加でMRIによるスクリーニングを勧めた群(MRI群)とマンモグラフィのみの群(マンモグラフィ群)に割り付けられた。
 主要評価項目は、2年間のスクリーニング期間における中間期がんの群間差とした。
 解析の結果、中間期がんが認められた割合はMRI群2.5/1,000スクリーニング、マンモグラフィ群5.0/1,000スクリーニングで、その差は1,000スクリーニングにつき2.5であった(95%CI 1.0~3.7、P<0.001)。
 MRI群に割り付けられた患者のうち、実際にMRIに同意したのは59%であった。MRI群で認められた中間期がん20件のうち、実際にMRIを行ったのは4例(0.8/1,000スクリーニング)で、16例(4.9/1,000スクリーニング)はMRIに同意しなかった患者であった。実際にMRIを行った患者群におけるがん検出率は16.5/1,000スクリーニング(95%CI 13.3~20.5)で、陽性反応的中度は追加検査で17.4%(同14.2~21.2)、生検で26.3%(同21.7~31.6)、偽陽性率は79.8/1,000スクリーニングであった。