非小細胞肺がん

プレスリリース

承認情報

ALK阻害薬セリチニブの新剤型「ジカディアⓇ錠」が発売

2019-12-02
ノバルティス

 ノバルティス ファーマ株式会社は、2019年11月27日付で、ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんの治療薬「ジカディア®錠150mg」を発売しました。

 「ジカディア」は、受容体チロシンキナーゼであるALK(anaplastic lymphoma kinase:未分化リンパ腫リン酸化酵素)の自己リン酸化を阻害し、がん細胞の増殖を抑制する、選択的な経口ALK阻害剤です。「ジカディア」は、従来はカプセル製剤のみでしたが、本年8月21日に小型化した新剤型である錠剤(フィルムコーティング錠)が承認されました。