尿路上皮がん

免疫療法

プレスリリース

転移性尿路上皮がんへのenfortumab vedotin+ペムブロリズマブを評価する臨床試験でアステラス製薬とSeattle Genetics社がMerck社と提携

アステラス製薬株式会社とSeattle Genetics, Inc.は、両社が共同で開発を進めている抗体-薬物複合体(Antibody-Drug Conjugate:ADC)エンホルツマブ ベドチン(遺伝子組換え)(一般名、エンホルツマブベドチン)とMerck & Co., Incの抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)(一般名、ペムブロリズマブ)の併用療法を評価する、未治療の転移性尿路上皮がん患者を対象とした臨床試験に関し、Merck社と提携契約を締結しました。

2019-12-03
アステラス製薬