乳腺

プレスリリース

パージェタとハーセプチンの固定用量による配合皮下注製剤、HER2陽性乳がんにおいて両剤の静注製剤に対する血中濃度の非劣性を示す

【ポイント】
・固定用量の配合皮下注製剤は数分で投与され、静注時の数時間と比較して投与時間を短縮
・第 III 相臨床試験の FeDeriCa 試験で、固定用量の配合皮下注製剤は静注製剤と比較し薬物動態における非劣性が示され、有効性および安全性は静注製剤と同等
・試験成績は、米国食品医薬品局および欧州医薬品庁を含む各国の保健当局に提出予定

2019-12-23
中外製薬