非小細胞肺がん

論文紹介

アレクチニブ、ALK阻害薬既治療NSCLCで予後・忍容性が良好:非盲検第Ⅱ相試験の統合解析【Lung Cancer】

Pooled overall survival and safety data from the pivotal phase II studies (NP28673 and NP28761) of alectinib in ALK-positive non-small-cell lung cancer

Lung Cancer 2020; 139: 22–27

 クリゾチニブ既治療のALK陽性非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象にアレクチニブの効果を検討した2件の非盲検第Ⅱ相試験(NP28673、NP28761)の統合解析。
 対象はNP28673試験の138例とNP28761試験の87例で、患者背景は両試験で同様であった。OSの中央値は29.1カ月(95%CI 21.3〜39.0カ月)、新たな、または予期しない安全性の懸念は認められず、主な有害事象は便秘(39.1%)、倦怠感(35.1%)、末梢性浮腫(28.4%)、筋痛症(26.2%)、悪心(24.0%)であった。

2020-01-16
Lung Cancer