胃がん

胃食道接合部

プレスリリース

DS-8201、HER2過剰発現の胃がん第Ⅱ相試験でOSおよび奏効率を有意に改善

 第一三共株式会社とアストラゼネカは、HER2過剰発現の再発・進行性胃がん患者を対象としたDS-8201(一般名:トラスツズマブ デルクステカン)の第Ⅱ相臨床試験(試験名:DESTINY-Gastric01、以下「本試験」)において、主要評価項目を達成したことを発表した。
 本試験は、トラスツズマブを含む2つ以上の前治療を受けたHER2過剰発現の再発・進行性胃がんまたは胃食道接合部腺がん患者189名を対象とした日本および韓国における第Ⅱ相臨床試験。本試験の主要評価項目である奏効率および副次評価項目である全生存期間において、DS-8201投与群は治験医師選択薬投与群に対し統計学的に有意かつ臨床的意義の高い改善を示した。また、本試験において安全性上の新たな懸念は認めらなかった。本試験結果の詳細は今後、学会にて公表される予定。
 本剤は、厚生労働省よりがん化学療法後に増悪したHER2過剰発現が確認された治癒切除不能な進行・再発の胃がんに対する治療として、先駆け審査指定を受けている。

2020-01-28
第一三共