非小細胞肺がん

論文紹介

オシメルチニブは血漿T790M陽性NSCLCで奏効:WJOG8815L/LPS【Cancer】

Plasma screening for the T790M mutation of EGFR and phase 2 study of osimertinib efficacy in plasma T790M-positive non-small cell lung cancer: West Japan Oncology Group 8815L/LPS study

Cancer 2020年2月5日オンライン版

 血漿中の遊離DNA(cfDNA)を用いたリキッドバイオプシーによりEGFR T790M変異が認められた第一・二世代EGFR-TKI既治療の非小細胞肺がん(NSCLC)患者53例を対象に第三世代EGFR-TKIオシメルチニブの有効性と安全性を評価。奏効率は55.1%(95%CI 40.2〜69.3%)、PFS中央値は8.3カ月(同6.9〜12.6カ月)であった。

2020-02-13
Cancer