乳腺

プレスリリース

乳頭温存乳腺全摘術のリスク低減へ:CTで乳頭内乳管の可視化に成功 【名古屋大学】

 乳がんの予防あるいは治療後の外観を維持するため、乳頭・乳輪・皮膚を残し乳腺を切除する乳頭温存乳腺全摘術が行われるが、乳頭内乳管の3次元配置や乳頭内乳管がんの発生メカニズムは完全に明らかにされておらず、リスクが残存する。
 名古屋大学大学院准教授の砂口尚輝氏、北海道科学大学保健医療学部教授の島雄大介氏、名古屋医療センター臨床研究センター元研究室長の市原周氏らのグループは、乳がんが基本的に1つの乳腺葉を侵す疾患であること(sick lobe 理論)を全摘された 51 症例の乳頭を X 線暗視野CT により可視化することで明らかにした。

ポイント
・X 線暗視野 CT は染色した組織切片に匹敵する組織コントラストで画像を提供できるため、微細解剖学分野の研究に貢献できる。
・ヒト乳頭 51 症例の解析により、乳頭内乳管数、乳頭先端における乳管の合流点(開口)数、乳頭内乳管の3次元配置が3つのタイプに分類できることを明らかにした。
・ 51 症例中 9 症例で乳頭内に乳がんが存在し、うち 6 症例の非浸潤性乳管がんについてsick lobe 理論を支持する結果を得た。

 本研究結果はBreast Cancer Res Treat 2020年2月13日オンライン版に掲載された。

2020-02-21
名古屋大学