胆管がん

プレスリリース

治療経過が良い胆管がん(胆管内乳頭状腫瘍)の判別が可能に【東北大学】

 東北大学大学院病態病理学分野教授の古川徹氏らのグループは、胆管内乳頭状腫瘍の36症例を臨床病理学的、分子病理学的に調べ、1型と2型では遺伝子の働きやタンパク質の量などの性質が異なり、2型では治療後の経過が悪いことを明らかにした。今回の研究成果は、胆管内乳頭状腫瘍には性質の異なる2種類の型が存在し、それらの特徴をとらえて早期に診断することが重要であることを示し、そのための診断マーカーや治療標的の候補分子を明らかにしており、今後、胆管内乳頭状腫瘍に固有の診断マーカーや治療標的の開発が進められ、より有効な診療を可能にすることが期待される。

ポイント
・合成Notch受容体の細胞内と細胞外の部分をカスタマイズし、B型肝炎ウイルス(HBV)の表面抗原を検知して細胞内での転写を促す人工免疫細胞を開発。
・活性化した人工免疫細胞は中和抗体とインターフェロンを分泌することでHBVの伝播を抑制することを細胞レベルで確認。

 本研究結果はJ Pathol 2020年2月26日オンライン版に掲載された。

2020-02-27
東北大学