非小細胞肺がん

プレスリリース

ラムシルマブ、EGFR陽性NSCLC一次治療薬として米・FDAの抗腫瘍薬諮問委員会が支持

 日本イーライリリーは2020年3月5日、米国食品医薬品局(FDA)抗腫瘍薬諮問委員会(ODAC)が第Ⅲ相試験RELAY結果に基づいたEGFR(上皮成長因子受容体)遺伝子変異陽性を有する未治療の進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者を対象としたサイラムザ(ラムシルマブ)+エルロチニブ併用療法の有効性と安全性を検討し、バランスが取れたリスク・ベネフィットが示されたことを支持する投票数が不支持を上回ったこと(支持:6、不支持:5)を発表した。

2020-03-05
日本イーライリリー