大腸がん

プレスリリース

リキッドバイオプシーによる大腸がんRAS遺伝子変異検査の有用性: ASCO-GI 2020の報告

 シスメックス株式会社は、2020年1月23日から25日まで米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催された米国臨床腫瘍学会消化器癌シンポジウム2020(ASCO-GI 2020)において、聖マリアンナ医科大学臨床腫瘍学准教授の砂川優氏が、大腸がん患者に対する抗EGFR 抗体薬の再投与判断におけるRAS遺伝子変異検出キットを用いたリキッドバイオプシーによる大腸がんRAS遺伝子変異検査の有用性についての研究結果を発表したことを告知した。本研究はシスメックス社と日本がん臨床試験推進機構(JACCRO)が共同で進めるバイオマーカー研究(JACCRO CC-08/09AR試験)。

2020-03-05
シスメックス