膵臓がん

プレスリリース

「Immuno-OpenPET」により検出困難な1cm未満の膵がんを画像化

 量子科学技術研究開発機構量子医学・医療部門放射線医学総合研究所主幹研究員の吉井幸恵氏、主任研究員の田島英朗氏、グループリーダーの山谷泰賀氏、部長の張明栄氏、東達也氏らは、難治性の膵がんを早期に診断すると同時に治療にも有用となる微小膵がんの画像診断法を開発した。

ポイント
・がん細胞表面に高密度に存在する上皮成長因子受容体(EGFR)に結合するPET検査薬剤(64Cu-セツキシマブ)と、感度・解像度が高い3次元放射線検出器を搭載したPET装置を組み合わせた画像診断法を開発
・従来の画像診断法では検出できない3mmの微小な早期膵がんをマウスで画像化
・膵がんを早期(1cm未満)に診断し、適切な治療計画の策定の実現につながると期待される

 本研究結果はSci Rep 2020年3月10日オンライン版に掲載された。

2020-03-12
量子科学技術研究開発機構