子宮がん

プレスリリース

東日本大震災後の子宮頸がん検診の回復に地域差【東北大学】

 東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)講師の三木康宏氏、教授の伊藤潔氏、同大学院医学系研究科教授の八重樫伸生氏、宮城県対がん協会の田勢亨氏らの研究グループは、東日本大震災前後の2009〜16年における宮城県45地域〔宮城県対がん協会がん検診センターによる集団検診(バス検診)〕での子宮頸がん検診受診率を解析。2011 年に多くの地域で子宮頸がん検診受診率の著明な減少が見られ、津波の影響を受けた沿岸地域では2016 年時点で検診受診率が回復していない地域もあり、被災地域住民の健康管理の復興に地域格差があることが明らかとなった。

 本研究結果は日本老年医学会の公式英文誌PLOS ONE 2020年3月11日オンライン版に掲載された。

2020-03-13
東北大学