大腸がん

プレスリリース

ウコン由来の水溶性プロドラッグ型クルクミンがKRAS変異を有するL-OHP抵抗性大腸がんマウスで著効【京都大学】

 京都大学医学研究科特定准教授の金井雅史氏、京都大学薬学研究科教授の掛谷秀昭氏、株式会社セラバイオファーマらの研究グループは、大腸がんの標準治療薬オキサリプラチンに耐性を示す治療抵抗性大腸がんの動物モデルにおいて、水溶性プロドラッグ型クルクミンであるクルクミンモノグルクロニド(CMG)が著明な抗腫瘍効果を示すことを明らかにした。
 ショウガ科のウコンに含まれるポリフェノール化合物クルクミンは、がん、心臓病、アルツハイマー等に対する治療薬としての開発が期待されており、本研究グループはCMGがクルクミンのプロドラッグとして利用できることをin vivoの研究で明らかにしている。
 大腸がんの約4割に認められているKRAS遺伝子変異はオキサリプラチンに対する治療抵抗性の要因であると考えられており、この治療抵抗性のメカニズムとしてKRAS遺伝子の変異によるNF-κB経路の活性化が挙げられ、クルクミンはNF-κB経路およびプロテアソームなどを阻害することが報告されている。
 研究グループは、オキサリプラチン抵抗性を有するヒト結腸腺がんHCT116 細胞を移植したマウスゼノグラフトモデルにおいて、CMGの抗腫瘍効果を検討。その結果、CMGはオキサリプラチン投与により認められる体重減少、骨髄抑制、肝障害などを伴うことなく、著明な抗がん活性を示すことが明らかになった。オキサリプラチンと併用することで相加的な抗がん効果を示し、オキサリプラチンの副作用を増強しないことも示された。CMG はNF-κB経路およびプロテアソームなどが異常に活性化された難治性がんなどに対し、安全性の高い治療薬としての実用化が期待される。

 本研究結果は日本癌学会オープンアクセスジャーナルCancer Sci 2020年3月12日オンライン版に掲載された。

2020-03-17
京都大学