小細胞肺がん

プレスリリース

難治性がんの新たな治療標的PPATを発見【九州大学】

 九州大学生体防御医学研究所主幹教授の中山敬一氏、小玉学氏と新潟大学大学院医歯学総合研究科教授の松本雅記氏らの研究グループは、次世代プロテオミクス技術であるiMPAQTシステムを駆使したがん代謝解析から、悪性のがんではグルタミン由来の窒素をDNAの合成に利用するための代謝系が亢進していること(窒素シフト)を明らかにした。
 炭素と窒素は生体の主要な構成要素であり、それぞれグルコースとグルタミンという二大栄養素から主に供給される。がん細胞では炭素源であるグルコースを嫌気的に代謝する「ワールブルグ効果」が亢進していること(炭素シフト)が知られている。一方、盛んに増殖するがん細胞は窒素を含むDNAを多量に作る必要があるが、がん細胞がどのようにしてグルタミン由来の窒素をDNAに配分しているか不明であった。
 本研究グループは独自に開発したiMPAQTシステムによりがん細胞の悪性化に伴う代謝酵素の発現変化を追跡。その結果、悪性化したがん細胞ではグルタミンの窒素をDNAの前駆体に転移するホスホリボシルピロリン酸アミドトランスフェラーゼ(PPAT)を高発現しており、それにより生じるグルタミンからの窒素代謝シフトが、がんの悪性化の過程に必須であることを明らかにした。このPPATの反応を阻害することでがん細胞の増殖を効果的に抑制できるため、これまで治療困難だった難治性がんの新規治療法となる可能性が示唆されるという。

 本研究結果はNat Commun 2020年3月17日オンライン版に掲載された。

2020-03-19
九州大学