大腸がん

非小細胞肺がん

プレスリリース

HER2変異がトラスツズマブ デルクステカンの効果を予測【昭和大学】

 昭和大学先端がん治療研究所の鶴谷純司教授、Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのDr. Bob Liを中心とする研究グループは、「HER2高発現、あるいは同遺伝子変異を有する固形腫瘍における新規抗体薬物複合体(ADC)、トラスツズマブデルクステカンの有効性と安全性を示し、がん細胞のHER2遺伝子変異が治療効果を予測する」との結論を導き、その研究成果が米国がん学会(AACR)機関誌『Cancer Discovery』に3月25日付で発表された。さらに、同グループはReverse Translation Researchで「HER2遺伝子変異を有するがんではHER2発現を伴わなくてもADCの効果が高い」ことを突き止め、同誌に同時掲載された。

 HER2遺伝子変異を有するがん細胞は肺がん、乳がん、大腸がん、胆管がん、卵巣がんなどで報告されており、一般にHER2高発現を伴っていないことが多い。いわゆるHER2陰性(HER2-low)と表現され、これまでHER2をターゲットとした分子標的薬は適応外だった。
 しかし、今回の研究によりHER2遺伝子変異を有する固形がん、特に非小細胞肺がんでは高い効果が期待できることが証明され、ゲノム医療を用いた更なる個別化医療の発展に寄与することが期待される。

関連記事:「抗体薬物複合体トラスツズマブ デルクステカン、化学療法歴のあるHER2陽性進行乳がんに対して国内承認

2020-03-27
昭和大学