肝がん

膵臓がん

プレスリリース

テロメラーゼの新たながん化機能を発見、新規治療目的となる可能性

 国立がん研究センター研究所がん幹細胞研究分野の増富健吉分野長、金沢大学附属病院総合診療部の山下太郎准教授および医薬保健研究域医学系の金子周一教授、東北大学大学院医学系研究科抗体創薬研究分野の加藤幸成教授らの共同研究グループは、細胞不死化酵素として知られているテロメラーゼに、細胞のがん化に深く関わる別の新しい機能があることを明らかにしました。さらに、この新たな機能は、肝臓がんや膵臓がんのうちでも悪性度が高いものほど活発であること、また、その機能を保持するスイッチのオン・オフに関する機序の解明にも成功しました。これらの知見をもとに、テロメラーゼの新たな機能を抑制する全く新しいタイプのがん治療法の開発が期待されます 本研究成果は、2020年3月25日に英国科学誌『Nature Communications』に掲載されました。

発表のポイント
・正常細胞を不死化する酵素テロメラーゼに細胞不死化とは全く別の新たながん化機能・があることを明らかにしました
・さらに、この新たな機能のスイッチがどのように入るか、その機序の解明にも成功しました
・テロメラーゼの新たな機能を標的にしたがん治療に対する薬剤の開発が期待されます

2020-03-27
国立がん研究センター