皮膚

プレスリリース

殺菌ランプの直接照射が可能に:世界初の実証、UV-C反復照射で皮膚がんなどの発症なし

 神戸大学大学院医学研究科内科系講座皮膚科学分野(錦織 千佳子教授、国定 充講師、山野 希 大学院生ら)と、ウシオ電機株式会社(東京本社)の研究グループは、高い殺菌力を持つ222nmの紫外線(UV-C)を反復照射しても、皮膚がんが発症しないことなどを世界で初めて実証し、ヒトの皮膚や眼にも安全であることを報告しました。
 今後、医療や日常生活においてヒトへの直接照射による消毒・殺菌の用途拡大など、幅広い応用が期待されます。
 この研究成果は、3月29日に、Photochemistry & Photobiology にオンライン掲載され、6月28日に錦織教授がAmerican Society of Photobiology 2020 meeting(Chicago)で招待講演を行う予定です。

2020-03-30
神戸大学