乳腺

卵巣がん

プレスリリース

産婦人科におけるHBOCに対する保険診療についての考え方

 日本婦人科腫瘍学会理事長でがんゲノム医療、HBOC診療の適正化に関するワーキンググループ委員長の青木大輔氏は、2020年4月より乳がんまたは卵巣がん既発症の遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)に対する診療の一部が保険収載されたことを受け、産婦人科の診療においてもHBOCに関する十分な知識を持ち、適切な診療を行う必要があるとして、「産婦人科におけるHBOCに対する保険診療についての考え方」を取りまとめたことを同学会公式サイトで告知した。

関連記事:「卵巣がんに対するBRCA1/BRCA2検査を実施する際の考え方

2020-04-07
日本婦人科腫瘍学会