前立腺がん

プレスリリース

エンザルタミド、nmCRPCを対象とした第Ⅲ相試験PROSPERの最終解析でOSを有意に延長

 アステラス製薬株式会社は、Pfizer Inc.と共同で開発・商業化を進めている経口アンドロゲン受容体阻害剤であるエンザルタミド(一般名、製品名:XTANDI®)に関し、非転移性去勢抵抗性前立腺がん(nmCRPC)患者を対象に、アンドロゲン除去療法( ADT)とエンザルタミド併用投与群を、ADTとプラセボ併用投与群と比較した第Ⅲ相PROSPER試験の全生存期間(OS)の最終解析結果をNew England Journal of Medicineおよび2020年米国臨床腫瘍学会 (American Society of Clinical Oncology : ASCO)年次総会で発表しました(抄録番号 #5515)。

 PROSPER試験のOS解析において、ADTとエンザルタミド併用投与群では、ADTとプラセボ併用投与群と比較して、死亡するリスクが27%減少しました(N=1,401、HR 0.73、95%CI 0.61〜0.89、P=0.001)。OSの中央値は、ADTとエンザルタミド併用投与群では67.0カ月(95%CI 64.0カ月〜未到達)であったのに対し、ADTとプラセボ併用群では56.3カ月(95%CI 54.4〜63.0)でした。

2020-06-01
アステラス製薬