非小細胞肺がん

プレスリリース

薬剤情報

オシメルチニブ、EGFR陽性NSCLCの術後補助療法でDFSの著明な延長:第Ⅲ相ADAURA

 英・アストラゼネカは5月28日、根治的に腫瘍を完全切除した早期ステージ(ⅠB期、Ⅱ期およびⅢA期)の上皮成長因子受容体遺伝子変異陽性(EGFRm)非小細胞肺がん(NSCLC)患者さんを対象にタグリッソ®(一般名:オシメルチニブ、以下、タグリッソ)による術後補助療法の評価を行う第Ⅲ相ADAURA試験において、統計学的に有意かつ臨床的に意義のある無病生存期間(DFS)の延長を示したことを発表しました。本試験の結果は、2020年5月31日(現地時間)に米国臨床腫瘍学会(ASCO)バーチャルサイエンティフィックプログラムのプレナリーセッションで発表されました(abstract #LBA5)。

 第Ⅲ相ADAURA試験の主要評価項目は、ステージⅡ期、ⅢA期の患者さんのDFSであり、オシメルチニブによる術後補助療法は、再発または死亡リスクを83%減少させました(ハザード比 0.17、 95%CI 0.12〜0.23、P=0.0001)。また、副次評価項目の1つである全症例(ⅠB~ⅢA)のDFSでは、再発または死亡リスクを79%減少させました(HR 0.21、95%CI 0.16〜0.28、P=0.0001)。また、2年経過時点において、オシメルチニブ投与群の89%が無病生存しており、比較対象のプラセボ投与群では53%でした。オシメルチニブ投与群におけるDFSの延長は、腫瘍切除後に化学療法を受けた群、切除手術のみを受けた群、アジア人および非アジア人など、全てのサブグループにおいて一貫して認められました。

関連記事EGFR陽性NSCLC術後療法におけるオシメルチニブ、DFSを大幅に改善【ASCO 2020】

2020-06-04
アストラゼネカ