乳腺

前立腺がん

プレスリリース

武田薬品、リュープロレリン欠品について謝罪

 武田薬品工業は6月17日、「リュープリンSR注射用キット11.25mg」の欠品および「リュープリン注射用キット」の長期的な出荷調整継続について、製品概要ページに謝罪文を掲載した。

以下、武田薬品工業公式サイトより抜粋。

 平素は弊社製品に格別のご高配を賜り、厚く御礼申しあげます。

 「リュープリン注射用キット」の出荷調整につきまして、大変なご迷惑をおかけしたことを、心よりお詫び申しあげます。

 この度、「リュープリンSR注射用キット11.25mg」は欠品を招く見込みでございます。つきましては「リュープリンSR注射用キット11.25mg」が欠品になりました際には、他の治療オプションをご検討いただきますようお願い申しあげます。また、当分の間、「リュープリン注射用キット」全規格の在庫数量が低い水準で推移するため、出荷調整を継続させていただきます。状況につきましては逐一ご連絡させていただきます。

 製薬会社としての重要な使命であります医薬品の安定供給が確保できず、医療関係者の皆様、患者様には、多大なるご迷惑をおかけしますことを重ねまして心よりお詫び申しあげます。製品の製造工程の管理には一層万全を期し、かかる事態の早期改善と再発防止に努めてまいりますので、何卒ご協力を賜りますようよろしくお願い申しあげます。患者様の健康への貢献は当社の最優先事項であり、患者様に貢献できるよう引き続き努力してまいります。

■関連記事1:米FDA、武田薬品に対して警告書

■関連記事2:リュープロレリンの欠品および長期的な出荷調整継続について

2020-06-18
武田薬品工業