乳腺

プレスリリース

乳がんの早期発見、「ピンク(19)の日」に月1回のセルフチェックを

 ピンクリボンフェスティバル運営委員会事務局(公益財団法人日本対がん協会ほか)は、乳がん検診の大切さを伝え、患者さんを支えていく「ピンクリボンフェスティバル」を2003年より開催し、各地で「乳がんの早期発見・適切な治療の大切さを伝える活動」を続けています。

 「ピンクリボンフェスティバル」の取り組みのひとつとして、毎月19日を「ピンク(19)の日」とし、月1回のセルフチェックを思い出すきっかけをつくる活動を始めます。「ピンクの日」ロゴはどなたでも公式サイトからダウンロード可能です。われわれだけではなくさまざまな企業・団体・個人の方にこのロゴを使用いただき、一緒に啓発していただけるような仕組みにしました。

2020-06-18
日本対がん協会