乳腺

免疫療法

プレスリリース

アテゾリズマブ+化学療法、早期TNBCのネオアジュバントで病理学的完全奏効を改善:IMpassion031

 中外製薬株式会社は、テセントリク®に関する第Ⅲ相臨床試験であるIMpassion031試験において、主要評価項目を達成したことを発表いたします。

 IMpassion031試験は、早期トリプルネガティブ乳がん(TNBC)の術前薬物療法において、テセントリクと化学療法(パクリタキセル、ドキソルビシン、シクロホスファミド)の併用と化学療法単独とを比較する試験です。同試験は、PD-L1の発現状況を問わない早期TNBC患者集団において、統計学的に有意かつ臨床的に意義のある病理学的完全奏効(pCR)の改善を示し主要評価項目を達成しました。IMpassion031試験は、TNBCにおけるテセントリクの有用性を示した2つ目の試験であり、早期TNBCにおけるテセントリクの有用性を示した初の試験となります。

 また、テセントリクと化学療法の併用における安全性は、これまでにそれぞれの薬剤で認められている安全性プロファイルと同様であり、本併用療法による新たな安全性上の懸念は示されませんでした。IMpassion031試験の成績は、今後の医学系学会にて発表される予定です。また、本試験結果については、米国食品医薬品局(FDA)や欧州医薬品庁(EMA)を含む規制当局と協議予定です。

2020-06-18
中外製薬