前立腺がん

プレスリリース

mCRPCへのAKT阻害薬ipatasertib+標準療法でrPFSを延長:第Ⅲ試験IPATential150

Roche’s IPATential150 study evaluating ipatasertib in combination with abiraterone and prednisone/prednisolone met one of its co-primary endpoints

 スイス・Roche社は6月19日、PTEN欠損を認める転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)を対象に、標準療法(アビラテロン+プレドニゾン/プレドニゾロン)へのAKT阻害薬ipatasertibの上乗せ投与の有効性および安全性を標準療法+プラセボを対照に検証した第Ⅲ相試験IPATential150の結果から、共主要評価項目の1つであるPTEN欠損例における画像診断に基づく無増悪生存期間(rPFS)の有意な延長を認めたことを発表した。
 ただし、もう1つの主要評価項目であるITT集団におけるrPFSの延長は認められなかった。
 副次評価項目である全生存期間(OS)は未到達。同試験の詳細は今後の学会で発表予定であるという。

2020-06-22
スイス・Roche