大腸がん

プレスリリース

アスピリンのがん抑制効果、がん代謝との関係が明らかに

 京都府立医科大学大学院医学研究科分子標的予防医学講師の渡邉元樹、朴将源(現:関西医科大学附属病院がんセンター助教)らの研究グループは、「アスピリンがグルタミン代謝を活性化させるメカニズム」を解明し、本件に関する論文が、科学雑誌『Cancers』に2020年4月30日(現地時間)付けで掲載されましたのでお知らせします。

 本研究は、培養がん細胞を用いた実験により、PIK3CA遺伝子変異大腸がんにおいて、グルタミン枯渇下ではアスピリンの抗腫瘍効果が弱まることを発見しました。さらにその原因として、アスピリンがグルタミン代謝を活性化させていることを、網羅的遺伝子発現解析(RNA-seq) を用いて明らかにしました。本研究成果をさらに発展させることで、『がんゲノム・代謝を標的としたアスピリンによるがん精密医療』の確立が期待されます。

2020-06-22
京都府立医科大学