乳腺

プレスリリース

アベマシクリブ、HR陽性HER2陰性の高リスク早期乳がんの再発リスクを有意に低下:第Ⅲ相monarchE中間解析

 イーライリリー・アンド・カンパニーは、ベージニオ(一般名:アベマシクリブ)と標準的な術後内分泌療法(ET)の併用投与が浸潤癌の無病生存期間(IDFS)の主要評価項目を達成し、標準的な術後 ET の単剤投与と比べて乳癌再発または死亡リスクを有意に低下させたと発表しました。これらの結果は、第Ⅲ相 monarchE 試験で事前に計画された中間解析によって得られたものであり、これにより、ベージニオは、ホルモン受容体(HR)陽性、ヒト上皮増殖因子受容体 2 型(HER2)陰性の高リスク早期乳癌患者において再発リスクの統計学的に有意な低下を示した唯一の CDK4 及び 6 阻害薬となります。

2020-06-24
日本イーライリリー