骨髄腫

プレスリリース

多発性骨髄腫における腫瘍免疫監視機構の破綻メカニズムの一端を解明

 京都府立医科大学大学院医学研究科血液内科学教授の黒田純也氏、学内講師の志村勇司氏らの研究グループは、多発性骨髄腫において腫瘍免疫監視機構の破綻を誘導することで病態悪化をもたらす骨髄由来抑制系細胞(myeloid-derived suppressor cell:MDSC)の誘導メカニズムと制御戦略を解明し、本件に関する論文が、科学雑誌『British Journal of Haematology』に2020年6月20日付けで掲載されましたのでお知らせします。

ポイント
・難治性の血液腫瘍である多発性骨髄腫において、腫瘍免疫破綻を介して病態の悪化をもたらす骨髄由来抑制系細胞の誘導メカニズムを解明

・既存の免疫調節薬によって骨髄由来抑制系細胞の誘導を制御するメカニズムが解明されたことで、今後、より効果的な免疫治療や治療抵抗性を克服できる治療法の開発が期待

2020-06-26
京都府立医科大学