全領域

プレスリリース

がん幹細胞を識別するAIを開発、医薬品評価や病理組織診断に期待

 東京工科大学応用生物学部の杉山友康教授とコンピュータサイエンス学部の亀田弘之教授らの研究グループは、がん幹細胞と非がん幹細胞を識別する人工知能(AI)技術を開発しました。これは、培養細胞またはがん組織の位相差顕微鏡画像に写るがん幹細の細胞形態をAIが識別して、がん幹細胞を明示することができるもので、がん幹細胞の存在を指標にした医薬品評価や病理組織診断などへの応用が期待されます。

 本研究成果は、本学が全学的に取り組んでいるプロジェクト「AI研究会」によるもので、オープンアクセス学術誌「Biomolecules」2020年6月19日に掲載されました。

2020-06-29
東京工科大学