頭頸部

プレスリリース

世界初、iPS-NKT細胞を血管内に直接投与―頭頸部がんの免疫細胞療法で治験を開始―

 2020年6月25日に医薬品医療機器総合機構(PMDA)の30日調査を終え、千葉大学病院では、頭頸部がんの新たな治療法として、がんに対して強い攻撃力を持つ免疫細胞「NKT細胞」を用いた治療法の開発を進めてきましたが、このたび、さらなる生存率の改善に向けて、理化学研究所と連携し、iPS細胞からNKT細胞を作製した「iPS-NKT細胞」をヒトに投与する、世界初の治療法を医師主導治験として行うこととなりました。

 これまでに「iPS-NKT細胞」が人の血管内に直接投与されたことはなく、本治験で忍容性(副作用などの発現状況を評価して適切な投与量を検討)、安全性、有効性が確認されれば、頭頸部がん(鼻、口、喉、上顎、下顎、耳などにできるがん)と闘っている患者さんにとって大きな希望となります。

関連記事iPS細胞技術をNKT細胞免疫療法に応用

2020-06-29
AMED日本医療研究開発機構