胃がん

プレスリリース

「遺伝する胃がん」研究成果から遺伝子診療へ展開

 このたび浜松医科大学医学部臨床検査医学講座/附属病院遺伝子診療部の岩泉守哉病院講 師らは、特徴的と思われる内視鏡検査所見から当院遺伝子診療部の遺伝カウンセリングに紹 介され、遺伝学的解析でCDH1生殖細胞系列的バリアントを同定した遺伝性びまん性胃がん の 2 家系を報告しました。本学腫瘍病理学講座から本邦初報告されて以来、遺伝性びまん性胃癌研究から着実に遺伝子診療へ展開してきたこの成果は、2020年6月27日「Clinical Journal of Gastroenterology」に公表されました。

2020-07-08
浜松医科大学