その他

プレスリリース

国がん東病院と鶴岡市立荘内病院が連携、地域のがん医療支援と遠隔診療の実現へ

 国立がん研究センター東病院と鶴岡市立荘内病院は、地域医療への貢献と鶴岡市におけるがん医療の高度化を図るため、医療連携に関する協定を7月8日に締結しました。

 国立がん研究センターは、2017年4月に慶応大学先端生命科学研究所と山形県および鶴岡市と連携拠点協定を締結し、国立がん研究センター鶴岡連携研究拠点がんメタボロミクス研究室を立ち上げ、がんの診断薬などの研究を進めてきました。今回の医療連携協定は、これまでの連携・協力から発展した新たな取り組みです。

 本協定により、荘内病院内に「がん相談外来」を開設し、東病院の専門医が月に1回程度診療を行います。さらに荘内病院をがんの遠隔診療を探索するプロジェクト施設に位置づけ、オンラインによるセカンドオピニオンの検証研究を行います。希少がんや難治がんなどの治療や、高難度の手術を東病院で行い、治療後のフォローに遠隔診療を活用することで、患者さんの身体的・経済的負担の軽減が期待されます。東病院が、地域の医療機関と連携して遠隔診療の実現を目指した連携協定を締結するのは今回が初めてで、日本国内の遠隔診療モデルの実現を目指します。

2020-07-10
国立がん研究センター