胃がん

プレスリリース

EBウイルス胃がんの発がんメカニズムを解明

 千葉大学大学院医学研究院金田篤志教授、国立シンガポール大学医学部パトリック・タン教授らの研究グループは、エプスタインバー(EB)ウイルス胃がんについて、ウイルス感染がどのように胃がんを引き起こすかのメカニズムを解明しました。
 本研究では、ゲノム修飾やゲノム3次元構造を網羅的解析する技術と、胃細胞に人工的にウイルス感染させる技術を組み合わせることにより、全く新しい発癌機構を発見し、「エンハンサー侵襲」と名付けました。この成果は、胃癌をはじめとするウイルスが関与する多くの悪性腫瘍についての原因の解明や治療法確立につながることが期待されます。
 本研究成果は、科学誌「Nature Genetics」にて2020年7月28日0時(日本時間)にオンライン公開されました。

研究の成果
・EBウイルス胃がんで異常が起こるゲノム領域を特定
・実験によりウイルス感染がエピゲノム異常を発生させることを確認
・エピゲノム異常が発がんを引き起こすメカニズムが判明

2020-07-28
千葉大学