非小細胞肺がん

免疫療法

プレスリリース

ニボルマブ+ベバシズマブ+化学療法で未治療の進行・再発非扁平上皮NSCLCのPFS延長:第Ⅲ相ONO-4538-52/TASUKI-52

 小野薬品工業株式会社は本日、ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体、オプジーボ®(一般名:ニボルマブ)点滴静注について、化学療法未治療の根治照射不能なⅢB/Ⅳ期または再発の非扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象に、ニボルマブ、抗VEGFヒト化モノクローナル抗体であるベバシズマブと化学療法の併用療法群(ニボルマブ併用療法群:275例)をプラセボ、ベバシズマブと化学療法の併用療法群(対照併用療法群:275例)と比較評価した第Ⅲ相臨床試験(ONO-4538-52/TASUKI-52)のトップライン結果が得られましたので、お知らせします。

 本試験において、予め計画していた中間解析で、ニボルマブ併用療法群が、対照併用療法群と比較して、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)で統計学的に有意な延長を示しました。本試験におけるニボルマブ併用療法群の安全性プロファイルは、化学療法未治療の NSCLC 治療において免疫チェックポイント阻害剤、およびベバシズマブと化学療法の併用療法でこれまでに認められているものと一貫していました。

2020-08-03
小野薬品工業