希少がん

全領域

子宮がん

プレスリリース

日本主導アジア国際共同試験ネットワーク構築プロジェクト「ATLAS Project」始動

 国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院は、アジア地域における臨床研究・治験実施体制整備を目的とした「アジアがん臨床試験ネットワーク構築に関する事業(Asian clinical TriaLs network for cAncerS project:ATLAS project:アトラス プロジェクト」を開始しました。

ポイント
・世界の早期薬剤治療開発をアジアでリードするための国際共同試験ネットワークを日本主導で構築
・日本のリードでアジアでのドラッグアクセスを改善し、がんゲノム医療の本格導入を推進することでアジア全体の開発力を高め、アジア特有の課題やアンメットニーズをアジアで解決することを目指す
・直近ではアジアでの罹患・死亡率が高い子宮頸がんの国際医師主導治験や、希少がんの治療開発を推進するMASTER KEY Projectのアジア展開などを開始。

2020-09-09
国立がん研究センター