前立腺がん

プレスリリース

ダロルタミドがnmCRPCの予後を有意に延長、第Ⅲ相試験ARAMISの最終解析がNEJMに掲載

 独・バイエル社は2020年9月9日、転移リスクが高い、非転移性去勢抵抗性前立腺がん(nmCRPC)患者を対象としてダロルタミド(ニュベクオ®)を評価した第III相ARAMIS試験の、事前に規定されていた全生存期間(OS)最終解析の結果が、医学誌N Engl J Medに掲載されたと発表した。 これらのデータは、2020年5月にバーチャルで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO)においても発表されている。

関連記事nmCRPCに対する新規ホルモン薬3剤のOS最終解析が開示【ASCO 2020】

2020-09-10
バイエル